PSLD テクノロジー

PSLD (Peptide & Scaffold Leads Discovery) プラットフォーム技術

当社独自のPSLD(Peptide & Scaffold Leads Discovery)プラットフォーム技術は、膨大な多様性(1~10兆種類)を有するペプチド分子群の中から標的特異的に結合するペプチド(創薬リードペプチド)を効率的に選択する技術 (cDNAディスプレイ技術)と直鎖、環状およびスキャフォルド等、様々な長さ、構造を有するペプチドライブラリを組み合わせることによって、多様な標的分子に対する創薬リード候補ペプチド獲得を実現します。

PSLD PUROMYCIN LINKER 

➀  strong covalent bonding via the puromycin

➁  biotin moiety for the solid phase immobilization of the mRNA-linker, allowing post-translational chemical or enzymatic crosslinking, various modifications and reverse transcription reaction with non-natural amino acids

➂  the linker harboring a primer for reverse transcription, enabling rapid synthesis of cDNA

特に、cDNAディスプレイ技術では、ピューロマイシンリンカー(当社特許技術)の持つ下記の優れた特徴を活かし、膨大な多様性を有するライブラリの安定的な構築およびS-S 結合などの翻訳後修飾を積極的に導入可能にするなど、他のディスプレイ技術には無い優れた特徴を実現しています。

                広大な探索空間

 
 
他のディスプレイ技術には無い優れた特徴を実現しています。
特徴1:ピューロマイシンを介したペプチドとmRNAとの共有結合による強い連結。
特徴2:リンカーに付加したビオチンにより、固相化が可能。それにより、精製、逆転写反応および翻訳後化学/酵素的修飾によるnon-canonicalなアミノ酸、架橋導入が可能。
特徴3:リンカーに付加した逆転写プライマーにより、迅速なcDNA化が可能。
それにより、高い安定性およびライブラリ多様性保持を実現。
 

 

 

 

 

Nihonbashi Life science Building2

707-3-chōme-11-5 Nihonbashihonchō, Chuo City, Tōkyō-to 103-0023

  • Picture1
  • Picture3
  • Google maps
  • White LinkedIn Icon

Copyright@2019 MeSCue-Janusys Inc. All Rights Reserved